2017年9月12日火曜日

赤城の山のなかまたち

一昨日(9/10付)の神奈川新聞で赤城山にこちらのデハ1052とともに元小田急と東急の保存車が紹介されておりました↓
web版にはアップされない様なので平成29年9月11日 神奈川新聞より転載(一部修正)

今まで特に触れていませんでしたが、奇遇にも同じ赤城山中に関東大手私鉄、それも第二次大戦中統合されていた“大東急”だった会社の車両が揃っている訳です。

 小田急デハ1801→秩父鉄道モハ801
今年7月にあった見学ツアーにはワタシは参加できなかったので少し前(2012年8月)に見させていただいた時の写真です。今はずいぶんきれいに修復されている様子で感激です!
1990年代中頃の鉄道ファン誌の読者投稿欄で以前いた場所からどこかに運び出されたという記事は有ったものの、かの国鉄ロクサン形の私鉄割当車であったこの車が現存しているとは思っていなかったので存在を知った時には大変驚きました。
経歴はWikipediaをご覧ください。
※私有地内にあるため許可なしには絶対近寄らないで下さい!

東急電鉄→東急車輛デハ3499号車 (平成28年9月撮影)
KATOのデハ268号車と同じ御年81歳!(昭和11年製) Wikipediaも参照ください
個人的には地元を走っていたおなじみの電車であり、東急車輛から消えたこの電車を追って赤城山に行ったことが車両保存の世界に足を踏み入れたきっかけなので色んな意味で足を向けて寝られない車両です。
こちらは公道から見えますが、そうは言っても敷地内無断立ち入りはご遠慮ください

ふもとには元京王井の頭線3000系と大胡の車庫に複数の保存車を擁する上毛電鉄に、蒸気機関車と旧型客車が定期的に走っている上越線に囲まれたある意味パワースポットですね。

将来的にお互い車両の公開が可能な状態になればまた連携した企画を立てたいなぁ…とは思っています(あくまで個人的にですが)。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリック下さいm(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2017年9月9日土曜日

【41ST】定期活動終了しました\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今日も第二土曜日ってことで逗子第一運動公園で活動してまいりました。

“しゃしょさん”が片方失われていた車掌弁の赤玉と、、、

乗務員席のカバーをそれぞれ作ってきていただけました(´▽`)

客室シートに空いていた穴(根性焼き?)も端切れを接着して応急処置

さび色の雨だれがついていた枕カバーもマジックリンでパッと見わからないほどキレイに

ところで雨だれによる腐食が内部では進んでいるようで、窓枠のアルミの継ぎ目板が浮いたところをほじくるとさびがボロボロと…

目止めのガムテープが劣化した所はアルミテープとビニールテープで付け直しました。

連結面のキセもさびで若干浮いてきているのがお分かりになるでしょうか?
清掃で手が入っていてもあちこち腐食が進むのは止められないのが悩みの種です

さて、いつもの床掃除や連結器の油さしのほかボーボーに生えた雑草も少し抜きました。

線路に降りてみると半ば草に埋もれるほどの茂り方><

抜いた後始末が大変なのでとりあえず半分ほどは抜きました。
すごい繁殖力ですね~

今日もお子さま中心に電車で遊ぶために多くの方が来訪され、この電車が愛されているのが実感できました。
一応身構えてはいましたが活動中にJアラートが鳴らなくて何よりでした。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2017年9月1日金曜日

【予告】9/9定期活動…と、琴電1070特別運行

今月の第二土曜に当たる9月9日の11:00~16:00 逗子第一運動公園での定期活動を行います。
いつものデハ601の清掃・見守り活動のほか雑草の茂り具合に寄っては草取りをすることになると思います。
見学や飛び入り参加をお考えの方はお気軽に現地までお越しください。

一方5月に仏生山駅で得た情報によると、同じ9/9に四国の琴電ではゴールデンウィークに続いて1070形(元京急600形)の還暦特別運行が実施される予定です。
ワタシ達は活動で行けないので勝手に拡散しておきます(ToT)

「これはことでんのわな」かどうかは分かりませんがw基本的に平日朝しか動かない車両ですのでこの機会にこちらもど~ぞ♪

にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2017年8月12日土曜日

【40th】定期活動終了しました。

コアな皆さんは有明やコミケなどに繰り出している時期とは思いますが、逗子から暑中お見舞い申し上げますm(_ _)m

本日のきまぐれ種別幕は海水浴特急↓
ピクトリアル誌にこんな様なデザインのヘッドマークを見かけたのででっち上げました。
載っていたのはモノクロページでしたので色が合っているかは知る由もありませんw

ところでプラットホーム側どまんなかの窓にヒビが…
内側からエアガンか何かで撃たれたようです

また前回゛しゃしょさん”に作っていただいた乗務員室のイスのカバーもなくなっています
なんてこったい(´;ω;`)

とにかくやれる事をやろうということで、いつも通りに飾り付け、、、
少しでも涼を求めて風鈴を設置
優先席ステッカーはまだきれいです。

持参した国鉄風モケットのクッション↓
ナハネフ22 1007修復プロフェクトの方から購入したものです
こうして見比べると京急のモケットは明らかに色が濃いですね

床はいつも通りホウキではいて水拭き
暑いので休みを入れながらやりました。

車体を水洗いしながら確認すると、前回アルミテープで処置した分雨だれ汚れは減ったようです
しかしクーラー部分辺りからの雨漏りは相変わらずの様です。
根本的な対策を講じる事は私たちにはお手上げです…どうしましょう。

人数が少なめだったこともあってここまでで終了。
夏の盛りですので周りは草ボーボーでしたが手付かずのままです。
これは市の方に刈っていただくことを期待しましょう。

先月ほど訪れる方は多くなかったものの、暑いさ中でも熱心に見て回られる方がおられました。
関心を持っていただけるのは何よりありがたいことですね。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2017年8月7日月曜日

【予告】8月分定期活動は12(土)

今月の逗子第一運動公園での定期活動は12日(土)11:00から16:00です。
デハ601は冷房などはもちろん入りません。おいでの方は熱中症対策をしっかりとってくださいね(^^)/

↑2012年5月 屏風浦~上大岡間で撮影したデハ812-6号車
廃車後この車の運転台周りが池袋のビルに組み込まれたと話題ですがワタシはまだ見てません…
気が向いたら行ってみます(`・ω・´)ゞ
にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ

2017年7月30日日曜日

鉄道ピクトリアル京急特集号2017

↑夜の新町検車区で1500形と並ぶ琴電1200形

先日19年ぶりに発刊された鉄道ピクトリアル誌の京浜急行特集臨時増刊号、皆さまもうご覧になっている事でしょう。
めくっていきますと、、、
200ページになんだかデハ601をはじめこのブログで触れた様なことが載っているな~…



・・・しらばっくれてもしょうがないですね( ̄∇ ̄;) 何を隠そうこのページはワタシが投稿しました。
できれば池袋で活用されるデハ812-6の前頭部についても触れたかったのですがタイミングが合わなかったのがちと残念です。

このページ以外にも針の穴を通すかのようなダイヤ構成やら、なかなか気付けない軌道改良など、京急らしいアクロバティックな運転の秘密が結構記されているのが非常に面白いです!



ところで記事の中で、琴電に渡った元700形や1000形のうち、1回だけ旧700形を1000形が久里工から神奈川新町まで牽引したことがある旨を読み取れる記述があります。
琴電1200形第1陣6両の自力回送は以前別ブログで取り上げましたが、唯一の1000形牽引での画像がこちらです↓
平成17年(2005)7月26日 AM2:53
神奈川新町に到着し、新町検車区の踏切が開いている隙に撮った一枚。

検修庫に入っていく途中で撮った1000形と琴電1200形の連結部
牽引役は1321編成(もしかしたら1325かも?)4両の様です。
 なおこのとき輸送された琴電1215編成は後に長尾線に転属したため下半分はイエローからグリーンに変わっています。

いままでこの連結写真が発表されたことが無かったかもしれないので披露してみました。
あとは誌面を読みましょう(ワタシもまだ読み途中です)。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ

2017年7月17日月曜日

【京成】千原線→(東成田)芝山へ行ってみた

↑梨の妖精w

あまりに暑かったので電車で涼みがてら(笑)未踏破だった京成線の終点まで行きました。
という事で3000形に乗って千原線のちはら台に到着。

敷地はかなり余裕がありそう
この先小湊鐡道の海士有木まで計画されているそうですが果たして…?

駅舎
建物は大きい分、余計寂しい感じです。
立派な街に育つにはまだまだ年月がかかりそう。
1本逃すと20分待ちになってしまうので乗ってきた電車で引き返します。

おゆみ野
現状は単線なので向かいのホームは線路すらありません。

で、千葉中央まで来たら引上線に新京成の“ふなっしートレイン”がいたので一本待ち、
出て来ました! 8816編成
乗っているとかなり多くの方がスマホカメラで撮影していました。
さすが人気のゆるキャラ。

京成津田沼で降りまして、こんどは芝山鉄道へ
京成成田で乗り換え、東成田を発車して地上に出るとすぐに終点芝山千代田に到着。

ホームからは航空機が見えます。
一旦改札で精算ののち折り返し乗車して東成田に一駅戻りました。

興味あったんですこの駅。
現行ホームの向かいには薄暗い旧スカイライナーホームが不気味に見えています。

初代成田空港駅時代の駅名標が残っている個所も。。。


コンコースに上がると無音の空間
左に少し見える壁の向こうがホームから見えたスカイライナーホームの上にあたります。

改札を出ると…
向こうの出口エスカレータは止まったまま。

‟曲水の宴”という立派なレリーフが物悲しく残ります。

外に出てみても駅名サインすらありません。
全体的に役目を終えた感じがえもいわれぬ魅力を感じます(←悪趣味でスイマセン)

さて、もう一つの名物(?)成田空港第2ターミナルへの連絡通路を通ってみます。
異世界に続きそうな人気のない通路が延々続きます
この500mの通路を歩いているとお巡りさんと一般人の方一人とすれ違い、空港第2ターミナル駅に無事到着。

この駅は成田空港アクセス線と京成本線の列車を同一ホームの前後で仕切ってるんですね。。。
イチゲンさんのワタシにはわかりづらかったです><

 上りアクセス特急に乗って次は成田湯川で下車
下りホームに進入する3056編成

・・・を退避させて(←ここから成田空港までは単線なので)通過する上りスカイライナー
パンタのスパークを散らして160km/hで通過するスカイライナーは新幹線並みの迫力でした。

 恥ずかしながらワタシはスカイアクセス線が開業して初めて来たのですが、北総線・千葉ニュータウン鉄道線も含めて本領を発揮しているのがひしひしと感じられました。
旧1000形や7000形が頑張っていた頃は駅の使われていないホームとか退避線とかがいくつもありましたから、ずいぶんと発展したものですね。

にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 京急線へ